東宝ホームの規格住宅GX-neo(ジーエックスネオ)新登場

GX-neo(ジーエックスネオ)ロゴ
TOP > 標準性能

心地よさ × 高性能

快適な家ってどんな家? 快適! 夏はサラサラ、冬ポカポカ。快適! 夏はサラサラ、冬ポカポカ。
高い断熱性と機密性高い断熱性と機密性

ダブル通気と
外断熱ハイブリッド・エア・コントロール住宅が東宝ホームGX-neoの良さ

GX-neoはしっかりした外断熱工法に加え、夏場の湿気・蒸れの対策を備えたハイブリッド・エア・コントロール住宅なので2層の壁内外通気層の給排気・空気循環効果により湿気・蒸れを発生させません。

二重通気工法
人と環境にやさしい木の住まい人と環境にやさしい木の住まい

JK金物を用いた構造材J-WOOD工法で組み立てると、地震・台風に強い家になります。

錆びにくく、強いJK金物での接合により、木材の断面欠損を抑えるとともに、仕口の強度は、無垢材の1.5倍になることが実証されています。

J-WOOD工法は、
耐震実験の結果で被害が見られなかったほどの耐震性能が証明されています。

木の家っていいね。 イメージ写真

ベタ基礎と布基礎の違いを知って下さい。

ベタ基礎は、家全体を「面」で支えるため耐荷重が高く、基礎安定支持力に優れています。 一方、布基礎は線のみで支えます。コストが安いのが特長ですが部分的に支えるため支持力が弱く家全体を支えるには不安定です。

布基礎工法とベタ基礎工法

GX-neoでは、
耐久性に優れた(ワンランク上の)『鉄筋入りベタ基礎』を標準としています。

防湿フィルムを施した上でのベタ基礎で 湿気を防ぐことが出来ます。

安心して暮らせる秘密だね。 イメージ写真
ベタ基礎 イラスト図

東宝ホームベタ基礎断面図(基本)

ベタ基礎は、基礎下部の湿気が逃げやすい構造となっており、安定した支持基盤を形成できる。また、シロアリ等の害虫の進入も防ぐことができる。
※構造計算により配筋は決定します。